見出し画像

[2018.04]豊田耕三〜日本のアイリッシュ・ミュージック・シーンの1つの到達点

文●大谷隆之

アイリッシュのエッセンスと東洋思想を結びつけた1stソロアルバム完成

 近年ますます活況を呈する日本のアイリッシュ・ミュージック・シーン。その中心に位置し、O'JizoやToyota Ceili Bandなど重要バンドを率いるフルート/ホイッスル奏者の豊田耕三が、初のソロアルバム『Internal Circulation -呼吸の巴-』を発表した。全編がフルートと控えめなギター伴奏のみで構成された、シンプルで美しい作品だ。もともとケルト音楽には、円環を思わせる特徴的フレーズが微妙に変化しつつ、どこまでも続いていくような気持ちよさがある。本作がユニークなのは、13曲のトラックを2部構成で巧みに並べ、アルバム全体で循環性を表現しているところだろう。その緩やかな連なりに耳を澄ませていると(実際、CDには曲間のブランクがない)、フルートの温かな息づかいそのものが心地よく回っているように思えてくる。まさに「内なる循環、呼吸の巴」というタイトルにふさわしい仕上がりではないか。

この続きをみるには

この続き: 2,288文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。