見出し画像

[2017.11]連載 太平洋の向こう岸からの手紙 #6 『マエストロたち』

文●フアン・フェルミン・フェラリス

 なぜ自分がピアノを弾きたかったのか覚えていません。覚えているのは両親に最初にキーボードを与えられた日のこと。それ以来、多くの出来事が音楽を通して起こりましたが、決して演奏をやめることはありませんでした。その中で最も重要なことは演奏し学び続けたいと考えている自分に気づいたこと。それまで家では自分の好きな音楽を弾いていましたが、先生に習っている時はクラシックの作品ばかり弾いていました。その日私はクラシックのクラスをやめたのです。もうその年は学校で学んでいた最後の数年だったのですが、友人に尋ねたり、インターネットで探したりして知った好きな曲を演奏して過ごすようになりました。自分の弾きたいパッセージをずっと聴いていたりもしましたね。


 ある日、自分が学びたかったポピュラー音楽の分野の先生の存在を知りました。幾人かの先生に相談すると、特に2人の名が挙がりました。そのうち1人がアレハンドロ・ロドリゲスというピアニストで、彼はラ・ソノーラというグループで演奏していました。彼は私が学んだ最初のプロの音楽家で、彼の話し方や生き方をよく観察していました。私の家系には音楽家はいなかったので、自分にとって特別な出会いだったのです。


 ところで、私がアレハンドロのクラスでもっとも熱中したのは、彼の教えよりも彼の作曲そのものでした。どうやってそこへたどり着いたか理解できなかった、だから彼の下で学ぶことを選んだのです。

この続きをみるには

この続き: 954文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2017年11月号
ラティーナ|2017年11月号
  • 32本
  • ¥950

ラティーナ2017年11月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。