新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2021.01]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑥】100年前の日本〜Peopleの時代の始まり!

文●加藤登紀子 

 新型コロナに揺さぶられた2020年が終わり、新しい年の始まり!
「悪いことは、いいことのために起こる」と言う言葉もあるそうなので、何とか去年の経験を明るい物語に変えるような年にしたいと願って、今回のテーマを「100年前の日本〜Peopleの時代の始まり」とした。

 去年、コロナ禍で時ならず100年前のスペイン風邪のことが話題になり、劇作家の島村抱月が1918年(大正7年)11月5日スペイン風邪で亡くなり、その翌年、恋人だった女優の松井須磨子が1月5日の月命日に後を追って自死という、あまりに劇的なエピソードも浮上した。

 その松井須磨子が1914年(大正3年)に歌った「カチューシャの唄」こそ、日本の大衆歌第一号、大正4年の「ゴンドラの唄」もそれに続く大ヒット曲に!そのビッグニュースからこのテーマに迫ろう。

 ラジオ放送だって1925年まで始まっていない。レコード盤にはなったらしいが、ほとんどの人は聞くことはできなかったはず。なのに、どうしてこのような大ヒット曲になったのだろうか?

 島村抱月がトルストイの「復活」を脚色した芝居の劇中歌として松井須磨子が歌った「カチューシャの唄」は、公演初日に、もう人々は街の中で歌っていたそうだ。
 初演の前日の新聞に歌詞を載せ、劇場の壁に歌詞を張り出しただけで…。
その頃の人々がどれほど歌を待っていたか、が伝わってくる。

 そしてこのふたつの歌が日本の歌に私を目覚めさせた重要なうたでもある。
 まずは、私と「カチューシャの唄」を結んで行きたい。

第一話 坂本龍一プロデュース、アルバム『夢の人魚』(1983年)

 女優松井須磨子との不倫問題で文芸協会から追放された島村が、背水の陣で松井須磨子と共に立ち上げたのが芸術座。その公演三作目の演目がトルストイの「復活」だった。
 この中で島村抱月は始めて劇中歌を登場させた。
 島村は作曲家の中山晋平に「高尚過ぎず、賛美歌でもなく、学校の唱歌でもない、西洋のリードと日本の俗謡の間」と要求。その要求をやっと曲にできたのは「ララ」という二文字を思いついた時だったそうだ。

カチューシャ可愛いや 別れのつらさ
せめて淡雪 とけぬ間と 神に願いを (ララ)かけましょか

 もともと島村の家に書生として入った長野県生まれの中山晋平を、作曲家に育てようと、東京音楽学校に行かせたのが島村。中山晋平に全幅の信頼を寄せた、この企画から、全く新しい歌の分野が生まれることになった。

 私はこの歌を歌いたくて、日本のポップスの始まりをテーマにアルバムを作ろうと坂本龍一さんにプロデュースをお願いし、彼のピアノだけで「カチューシャの唄」をレコーディングした。彼のピアノと同録の歌で5テイク、龍一さんは全部アレンジを変えて演奏してくれた。「好きなの、使って」って。どれも素晴らしくて「伴奏だけでもレコード出せるね」なんて言われちゃったり(笑)。

 このアルバムには、モガモボ(モダンガール、モダンボーイ)時代のお洒落な歌がいっぱい。ジャズをベースにしたキャバレーソングやダンスホール、カフェの歌などから選んだ12曲。

 龍一さんに「歌手にあるまじき研究熱心さ」と笑われながら、大正から昭和の初めまでの古い資料を聴きあさり、この時代の音楽の楽しさに夢中になった。
 「あこがれの空」「アラビアの唄」「フロリダタンゴ」...。
 「千夜一夜の唄」はサックス奏者の坂田明さんと、「酒場の唄」では坂本龍一さんとデュエットも。
 「酒がのみたい」は日本贔屓になったアメリカ人の新聞記者バートン・クレーンが片言の日本語で作り歌った唄。今や「ほろ酔いコンサート」の定番になっている。

 アルバム『夢の人魚』は1983年に発売され、翌年NHKの朝の連続テレビ小説「ロマンス」の中で、黒眼鏡、黒装束の謎の歌姫として出演し、この中の歌をいくつか歌った。

夢の人魚

アルバム『夢の人魚』

 「ゴンドラの唄」も、同じようにロシア文学ツルゲーネフの「その前夜」を島村抱月が脚色した芝居の劇中歌。吉井勇の作詞で、もちろん中山の作曲。その時は、中山晋平が母危篤の電報を受け、故郷の長野県中野町に帰る汽車の中で作曲したというエピソードが残っている。
 この歌を私は、1968年に草月会館で、当時の自由劇場の座長だった佐藤信の演出で自主リサイタルを開いた時、彼に勧められて歌い、ほかに歌ったどの曲よりも好評で、その後、1971年のアルバム『日本哀歌集』の中に収録した。
 この「ゴンドラの唄」は、沢山の人に歌われ、1952年黒沢明の「生きる」という映画のシーンにも登場する。この映画の試写を万感込めてみた中山晋平さんは、その翌日の12月30日に亡くなったという。すごいエピソードだ。
近いところでは、樹木希林さんが最晩年の映画の中でこの歌をうたった。

日本哀歌集

アルバム『日本哀歌集』

第二話 芝居じかけの音楽会

 アルバム『夢の人魚』は、坂本龍一さんとのコラボの2作目。前年の1982年に『愛はすべてを赦す』というアルバムを作っている。クルト・ワイルとブレヒトの傑作「三文オペラ」の挿入歌や、ドイツの映画音楽、ポーランドのパルチザンソングなどを集めたアルバムだった。時代はどちらも二つの大戦の間。

画像11

この続きをみるには

この続き: 5,103文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年1月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
8
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)