見出し画像

[2019.08]あのTOM ZÉ が 日本にやってくる!?

文●國安真奈 text by MANA KUNIYASU

 トロピカーリア(トロピカリズモ)を振り返る時、誰もが気づくのは、カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、ガル・コスタ以外の「関係者」は、今なお日本ではあまり知られないままでいることだ。だが、そのあまり知られていない人たちのうちでも大物中の大物、トン・ゼーの来日がこのたび決定した。

 あのトン・ゼーが。一報を聞いて、まず頭に浮かんだのは、何年か前にリオで観たステージだ。楽曲と風刺劇が一体になったような演出で、ことさら強い北東部訛りと独特の節回しを用いて、他愛がなかったり意味深だったりするジョークを自在に連発し、観客をひっきりなしに笑わせていた。そこでは、トン本人が重要視していると言われている、演者と観客の間の「暗黙の了解」、つまり社会文化的背景を共有しているという前提が、始終確認され、進化的な形で再生されていた。残念ながら、海外での彼のステージは観たことがない。社会や文化の背景や文脈の異なる観客との「暗黙の了解」は、どのように見出され、共有されるのか。決定した日本公演には大いに興味を掻き立てられる。

 しかし、その前に、そのトン・ゼーとは一体何者なのか? 本人の言は来日後の楽しみにとっておくとして、今のところ、その謎を読み解く鍵の一つはカエターノ・ヴェローゾの著書に見つかる。

 60年代末に、北東部バイーア州からサンパウロへ出て来ないかとトン・ゼーを誘い、一緒にサルヴァドールから南東部へ向かう飛行機に乗ったのは、トロピカーリア・ムーヴメントの首謀者の一人、カエターノ・ヴェローゾだ。カエターノはその著書(※注1) で、次のように記している。

 〝バイーアへ何度か行く中で ──サルヴァドールへ帰らずに二ヵ月とは過ごしていなかった── 僕はトン・ゼーをサンパウロへ一緒に来ないかと誘った。トン・ゼーは、ヴィラ・ヴェーリャ劇場のこけら落としのショーを一緒に上演した仲間だった。僕がサルヴァドールのアーティストやボヘミアンたちの集まる場所へ通いだした頃、彼はすでに学生たちに知られた存在だった。カピナン(※注2) と同様に(しかも彼とトン・ゼーとは、UNE(※注3) の大衆文化センターのバイーア支部が上演した何らかの演劇で協力していた)、トン・ゼーは僕の知っていたアーティストたちの間で声望があった。画家のソニア・カストロやレナ・コエーリョ、舞踏家のライース・サルガード、パウロとヘナ・ファリアの両教授の全員から、僕はトン・ゼーの話を聞かされていた。〟

この続きをみるには

この続き: 2,046文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。