[2017.08]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #1 ビル・オコンネル
見出し画像

[2017.08]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #1 ビル・オコンネル

文●山本幸洋

 この3月のデイヴ・ヴァレンティンの死は早すぎた。だが、その死を悼んで盟友ビル・オコンネルらがコットンクラブ東京で6月18~21日にトリビュート公演を行い私たちは改めてデイヴの音楽を楽しみ、考える機会となった。メンバーはビル(ピアノ)、リンカーン・ゴーインズ(ベース)、ロビー・アミーン(ドラムズ)というデイヴゆかりの面々に、デイヴ役のフルートがチャランガ76のアイドル:アンドレア・ブラックフェルドというサプライズ! ビルというピアニスト/作編曲家は、長きにわたってデイヴの右腕であって、デイヴが病に倒れてからリーダーとして活動するようになったのだが、デビュー期にモンゴ・サンタマリーアのバンド・メンバーだったり、そのころの初ソロ・アルバムがストレイト・アヘッドなジャズだったりしていて、そもそもなんでラテンなの? というベタな疑問もあったりする。そのあたりから訊いてみた。(6月19日、都内にて。協力:コットンクラブ東京、坂本 悠)

画像1

写真提供/COTTON CLUB  撮影/ 山路ゆか


—— デイヴさんの音楽を一言でいうと?

ビル (しばし考えて)デイヴは生涯にわたる音楽の協力者だ。私たち二人はジャズとラテン・ジャズをこよなく愛し、曲を作って演奏し、もちろん親友であり、特に音楽的にウマがあった。私たちの協力関係は私には重要で、ラテン音楽を作曲し演奏したいという私の欲望を充たしてくれた。

—— あなたは1953年ニューヨークの生まれですね。オコーネルという姓はアイリッシュ。どんな家庭でした?

ビル ああ、ラテン音楽とはまったく接点がなかったよ。でも家族みんな音楽が大好きで、私はおじからピアノのセッスンをつけてもらった。おじはクラシカル・ピアニストで音楽大のマスターを持ってるんだ。母は毎週日曜にピアノに合わせて歌を歌っていた。私はそれを聴いて育った。別のおじはジャズのDJでフロリダのラジオに出演していた。いろんな音楽を教えてもらったことが、私が真剣に音楽を始めるときに役に立ったね。

画像2


この続きをみるには

この続き: 2,790文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)