[2017.06]10周年を迎えたカホン・フェスティバル〜プロジェクトの継続に奔走するジュリ・ギジェロット
見出し画像

[2017.06]10周年を迎えたカホン・フェスティバル〜プロジェクトの継続に奔走するジュリ・ギジェロット

文●川又千加子/写真●オスカル・チャンビ

 早いもので今年、カホン・フェスティバルは10周年を迎えた。故ラファエル・サンタ・クルスが、ペルー生まれの打楽器カホンの復興と普及を目的に企画して始めたパーカッション・フェスティバルは、国やジャンルを超えた音楽イベントとして、すっかりリマの4月の風物詩として定着してきた感がある。

 2014年のラファエルの急逝は、あまりに突然だったため今でも信じられないが、夫人のジュリ・ギジェロットを中心に、彼と親交のあったアーティストたちが遺志を引き継ぎ、このプロジェクトは継続されている。

写真①Grupal_7832XXX

この続きをみるには

この続き: 2,312文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)