[2018.03]島々百景 #25 沖縄本島那覇・辻、仲島、渡地
見出し画像

[2018.03]島々百景 #25 沖縄本島那覇・辻、仲島、渡地

文と写真:宮沢和史

Hijabashi のコピー


 日本ではかつて、貧しい農村部の家庭がやむなく娘を売ってなんとか飢えを凌いだ。といった日本の歴史の日陰に潜む話を耳にしてきた。近代史を見回しても昭和の大飢饉から世界大戦へと転がり落ちていく過程で我が国は多くの貧困者、餓死者を生み出し、大勢の娘たちが遊郭へと身売りされる人身売買を横行させてしまった。明治や大正の頃には海を越え、海外へ渡らされ娼婦として働いた人たちも多く存在したという。貧しさから逃れ、地元を離れ異国へと旅立ち、移民という形で活路を見いだそうとする者たちの中には渡航のためのまとまったお金を得るために子供の身売りを余儀なく行なったケースもあったという。琉球も同じような現実がかつてはあった。地方の貧しい農村から、那覇の辻、仲島、渡地の遊郭へと娘たちが売られていった。

この続きをみるには

この続き: 2,611文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)