見出し画像

[2018.12]GUINGA STORY ギンガ・ストーリー(前編)

文●花田勝暁

text by KATSUAKI HANADA

 来年4月の来日が決定したギンガのキャリアを振り返ります。前編では幼少期から2000年までを追いかけます。

 私は1991年に自分のアルバム『ブラジレイロ』を録音していたときに、リオデジャネイロでギンガを知りました。私は瞬く間に、彼の曲のメロディーの独創性とハーモニーの豊かさに魅了されてしまい、素晴らしい作曲家であるギンガが本物のイノベーターだと気付きました。ギンガは歴史の住人で、ブラジルのポピュラー音楽の最も重要な作曲家たちと同じ場所で暮らしている。── セルジオ・メンデス(音楽家/プロデューサー)
 私はギンガのような人を探して今まで生きてきたんだ。── エルメート・パスコアール(音楽家)
ギンガはヴィラ=ロボス、ピシンギーニャ、トム・ジョビンが先生であるような学校の、ただ一人の生きている生徒だ。── ジャヴァン(音楽家)

この続きをみるには

この続き: 5,699文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)