見出し画像

[2017.02]【連載】聞こえない叫び声-デモを通して見るブラジルの現状- #9 ブラジルカーニヴァルのB面

文と写真●鶴田成美 text & photo by NARUMI TSURUTA

 年末年始の休みは何日間あり、どこへ旅行に行こうか。海か山か、それとも農場か、宿はどうしよう、別荘を借りるのも悪くない。待ちに待った年末年始。旅行の計画が本格的に始まり11月に入ると人々は皆そわそわしだす。12月になると学生たちは約2か月間の夏休みへと入り、大人たちも真面目に仕事はするもののどこか様子が違う。12月中旬、多くの仕事が「年開けてから考えよう」。こうしてクリスマスへ突入し、カーニヴァルが終わるまでブラジルは何から何まで機能しなくなる。

画像1

 ブラジルといえばサッカーかカーニヴァルと世界中のだれもが口をそろえて言うように、この二つはブラジル国民にとって大きな存在だ。

 各チームが選んだテーマに沿って作られた何メートルもある大きな山車、何千人という人達がきらびやかな衣装を身にまとい、ダンスや演奏をしながら練り歩くその姿はだれしも一度は目にした事があるだろう。そして多くの人がカーニヴァルと聞くとこの様子を想像するだろう。がしかし「カーニヴァル本来の姿」と言われているものがある。路上カーニヴァルだ。何千人と練り歩く大きなカーニヴァルはサンボドロモ(*)と呼ばれる大きな会場で行われ、路上カーニヴァルは一般道路を練り歩く。

この続きをみるには

この続き: 2,246文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。