見出し画像

[2019.05]奈良タンゴ祭大和郡山から世界へ発信する「アルゼンチンタンゴ」

文●清川宏樹

text by HIROKI KIYOKAWA

 この数年でじわじわと、しかし確実に知名度の向上しつつあるアルゼンチン音楽。その陰には、素晴らしい音楽を発信し続けるアーティストの存在はもちろん、CDの発売やアーティストの招聘、音楽にまつわる数多くの執筆など、アルゼンチン音楽を愛する多くの人たちの惜しみない努力がある事は言うまでもない。特にコンテンポラリー・フォルクローレについては一つのトレンドを形成することに成功し、現代ポピュラー音楽の中での地位を確立したように見える。一方、アルゼンチンタンゴに関しては過去のタンゴブーム以来一定数のファンの方々により支えられてはいるものの、新たなリスナーの獲得はいまだ大きな課題だと言えよう。

画像1

ジャノタンゴ ©中島純治

 もちろんタンゴに魅了され、その音楽の力を伝えるべく活動を続ける人々は日本中にいる。けれども規模の大きなイベントを開催するとなると、やはり過去の集客実績のある東京をはじめとする一定の地域に集中してしまう事実がある。そんな中2015年1月、なんと関西は奈良・大和郡山の地で、タンゴに特化した大型イベント、その名も『奈良タンゴ祭』が開催されるという嬉しい事件が起きた。さらにそれは1回に終わらずシリーズとなり、本年5月18日には『第3回 奈良タンゴ祭』が開かれるというのだ。

 この驚くべきイベント発起の旗振り役となったのは、日本を代表するバンドネオン奏者である北村聡氏の父、北村寛氏だ。奈良タンゴ祭を企画する以前には「きたむら・プロジェクト」として北村聡氏のデュオ・コンサートシリーズを企画・開催し、中島ノブユキ氏や鈴木大介氏らを招聘した実績を持つが、まさかラティーナ主催の『東京タンゴ祭』に次ぐ「タンゴフェス」を一から作り上げ、そして今なおシリーズとして開催を続けているとは……恐れ入るばかりである。会場は第1回から第3回までいずれもDMG MORIやまと郡山城ホール・大ホール。もしかするとあまり馴染みがないかもしれない大和郡山市であるが、大阪・京都の双方からアクセスは良い。大和郡山城跡を擁する風光明媚な街並みにマッチする、白壁と瓦屋根の外観を持つホールは音響も良く、古都への小旅行と素晴らしい音楽体験とを、1日でともに楽しむことができる。

画像3

アストロリコと亮&葉月 ©中島純治

この続きをみるには

この続き: 3,171文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。