見出し画像

[2018.09]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第8回 最後の酔い(ラ・ウルティマ・クルダ)

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

タンゴに限らず、作詞者と作曲者がどうやって曲を作っていくのか、ということは意外と音楽ファンには知られていないのではないだろうか。今回の「最後の酔い」は珍しくその完成の瞬間がエピソードになって残っているケースである。

スクリーンショット 2020-07-02 13.17.58

 作詞はカトゥロ・カスティージョ Cátulo Castillo。タンゴ初期の大作詞家ホセ・ゴンサレス・カスティージョを父に持ち、1906年ブエノスアイレスに生まれた。父がアナーキストだった関係で、幼少期を逃亡先のチリで過ごす。17歳の時、父の作詞した「たそがれのオルガニート」に作曲、しかし本人はボクシングに夢中で、フェザー級のアルゼンチン・チャンピオンとなり、アムステルダム・オリンピックの候補選手に指名されるほどだった。しかし結局スポーツの道はあきらめ、ピアニストとなる。1927年のこと、ひょんなことがきっかけでミゲル・カロー、アルフレド&リカルド・マレルバと共に、カトゥロ・カスティージョは楽団を率いて歌手ロベルト・マイダと共に1年半にわたってスペイン中を公演する。

画像2

アニバル・トロイロとカトゥロ・カスティージョ 

 帰国後もピアニストとしてカフェでの演奏を続けていたが、1937年父ホセ・ゴンサレス・カスティージョが死去すると、カトゥロは作詞にその才能を発揮し始める。カトゥロが他の作詞者と比べて際立っているのは作曲者が非常に幅広い点。エンリケ・デルフィーノ(作品「ディネロ・ディネロ」)、エルビーノ・バルダーロ(「わがバイオリンが君を呼ぶ」)、オスバルド・プグリエーセ(「ウナ・べス」)、セバスティアン・ピアナ(「赤インキ」)、アルマンド・ポンティエル(「アノーチェ」)、エクトル・スタンポーニ(「最後のコーヒー」)、マリアーノ・モーレス(「回転木馬」)といった多彩さである。その中で最も多くの作品を共作したのが、今回の「最後の酔い」の作曲者でもあるアニバル・トロイロ。トロイロとは1946年の「マリア」を最初として、1953年「ウナ・カンシオン」、1954年「ラ・カンティーナ」、1960年「デセンクエントロ」、1969年「最後の街灯」、トロイロの生前最後の作品ともいわれる「フジヤマ」など全17曲を共作している。

この続きをみるには

この続き: 1,344文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年9月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。

ラティーナ2018年9月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。