見出し画像

[2019.04]【連載 TÚ SOLO TÚ #227】いま大きな注目を集めるキューバ出身デュオ クラシックとストリートの融合

文●岡本郁生

「ベニンやカメルーン、ナイジェリア、ブルキナファソ、カボヴェルデの音楽を聴いていると、それを自分の世界に取り込みたいと思う。そしてそのリズムをメロディックな何かに変換しようと試みる。その結果、こんな曲が現実のものになるんだ」

 アルフレド・ロドリゲスとペドリード・マルティネスによるアルバム『ドゥオローグ』は「アフリカ」という楽曲でスタートする。ロドリゲスがピアノ/フェンダー・ローズ/キーボード/ヴォーカルを、マルティネスがパーカッション/ヴォーカルを担当してふたりだけで作り上げたこのアルバムには、プロデューサーとしてクインシー・ジョーンズも名を連ねている。ハンド・クラッピングとアカペラで始まり、芯の太いリズムで軽やかに展開されるこの「アフリカ」は、自分たちのルーツがどこにあるのか? そして、いま自分たちはどこに立っているのか? を明確に宣言しているように思われる。まさに、アルバムのオープニングに相応しい楽曲といえるだろう。

画像1

Alfredo Rodriguez『The Littel Dream』(2018年)

 キューバ出身で、いま大きな注目を集めるふたりだが、その音楽的ルーツはかなり異なっているようだ。まずはそれぞれの経歴からご紹介しよう。

この続きをみるには

この続き: 2,754文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)