見出し画像

[2019.03]映像は踊る 3本のドキュメンタリー映画 『セメントの記憶』『あまねき旋律』『盆唄』に観る、 それぞれの“ダンス”について。

文●圷 滋夫 text by SHIGEO AKUTSU

 映画は、映像と音で構成される。その音には台詞や環境音、音楽などが含まれ、中には音楽がとても豊かで重要な役割を果たす作品がある。ここで紹介する3本のドキュメンタリーもそんな作品で、いずれも〝ダンス〟を感じさせる内容だが、そのアプローチについてはそれぞれ全く違う方法が採られている。

セメントの記憶main写真

『セメントの記憶』© 2017 Bidayyat for Audiovisual Arts, BASIS BERLIN Filmproduktion

この続きをみるには

この続き: 2,319文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)