見出し画像

[2019.11]Traveling to the MIYAZA-WORLD〜宮沢和史の音楽愛を立体化する4日間〜

文●中原 仁 text by JIN NAKAHARA

 ザ・ブーム解散後の2016年、健康上の理由もあり表舞台での歌唱活動の無期限休業を発表した宮沢和史が、昨年秋から本格的に再始動。デビュー30周年の今年、新作『留まらざること 川の如く』を発表した。

 10月下旬に開催の「宮沢和史・デビュー30周年記念コンサート~あれから~」に続き、11月には「Traveling to the MIYAZA-WORLD~ようこそ宮沢の世界へ」と題するコンサートを行なう。自身の音楽家人生をインスパイアしてきた多彩な音楽を、日替わりテーマに据えた4日間。このコンサートについて、そしてテーマとなる音楽への想いについて話を聞いた。

_aDSC01456のコピー

── 4日間それぞれ、まず最初にテーマを決めたのですか?

宮沢 30周年を迎えるにあたって、ラジオ番組を3カ月間、自由にやっていいと言われたんです。じゃあ僕のルーツを紐解いてみようと思って、沖縄で3週、ブラジルで2週とか、ラテンや演歌もやったんですが、ザ・ブームの曲や僕の曲が出来たのはこの曲があったからだ、みたいなことを話したらそれが好評で、僕のライブラリーが全然違って聴こえたという反応があって。そうか、僕のプレイリストを立体化するようなライヴも面白いかなと思ったんです。テーマを決めて、たとえばブラジルがテーマだったらブラジルの名曲もやりながら、そこから影響を受けた自分の曲もやる。そういうことで30年が見えるんじゃないかと思って。まあ遊び心もあります。で、決めたものの4日間で70曲ぐらい歌わなきゃいけないので、今頃になって怖気づいてます。

この続きをみるには

この続き: 5,250文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
3
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。