見出し画像

[2017.11]座談会:ミナス×サンパウロが東京で出会った

文●宮ヶ迫ナンシー理沙

(上表紙写真=左から、Dani Gurgel / Alexandre Andrés / Rafael Martini / Tó Brandileone / Fi Maróstica

 サンパウロとミナス・ジェライス(ベロオリゾンチ 以下、BH)注目の都市の現在の音楽シーンを牽引するアーティストたちが偶然同時期に東京で来日公演を行った。

 ミナスから〝21世紀のクルービ・ダ・エスキーナ〟と形容されるミュージシャンズサークルの中心にいて、注目作品をリリースしている、アレシャンドリ・アンドレスとハファエル・マルチニが初の来日を果たした。くるりが主催する京都音楽博覧会に出演し、京都音博フィルハーモニー管弦楽団と強烈に心に残るステージを見せ、その後のデュオのツアーも極上の音に圧倒された人は少なくないのでないだろうか。

 そして、サンパウロから5回目の来日というDDG4ことダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート。ベースには新メンバー、フィ・マロスティカ。そして、ステージでダニが嬉しさのあまり涙を見せた、念願だったという新しいミュージシャンを招いての公演が初めて叶った。アントニオ・ロウレイロの最新アルバムのプロデューサーであり、若手シンガーソングライターグループ、シンコ・ア・セコのメンバーでもある注目のシンガーソングライター、ト・ブランジリオーニをゲストに迎えた。

 彼らが東京で会うと聞いて、これは記録しなくては! ということで、急遽、座談会を企画しました。

 ブラジルでも会うチャンスがなかなかないという彼ら。まずはCDの交換会から始まり、それぞれの日本での印象、音楽メディアの未来、それぞれの都市のシーンの特徴、利点と欠点と話題は広がりました。

この続きをみるには

この続き: 9,352文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2017年11月号
ラティーナ|2017年11月号
  • 32本
  • ¥950

ラティーナ2017年11月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。