見出し画像

島々百景 #19 ジャマイカ

文と写真:宮沢和史

画像1

今から24年前、レコーディングのためにキングストンを訪れた時の写真。右は親愛なる音楽家、朝本浩文(写真提供:宮沢和史)


 前年度から沖縄の沖縄県立芸術大学で非常勤講師を担当している。学校が居を構えているのは琉球時代の中心地首里であり、すぐ隣には首里城、そして周りは城下町の風情が残っていてあちこちに素敵な石畳や歴史的な建造物が見られる。こういう歴史ときれいな自然環境に囲まれた場所でのびのびと芸術を学んでいる学生たちがうらやましく感じてならない。自分も学生の頃に沖縄にもっとハマっていたら島の大学を目指していたかもしれない、と思ったりもする。キャンパスが首里城の敷地に併設されているかのように隣接しているので、時々観光客があやまって学校の敷地に入ってきてしまったり、校舎や塀などが琉球時代の歴史的遺物なのでは?と勘違いしてなのか、記念写真を撮っている人たちも多く目にする。講師という立場だが自分も久しぶりに学びの場にいることが嬉しく、音楽家を目指すあまり、学生時代は音楽一本で過ごしていてろくに学校で学ばなかった自分の4年間を取り戻すかのような気持ちもありながら、毎回学校へ行くことを楽しみにしている。比嘉康春学長は琉球古典音楽の大家でもあり、沖縄の楽器である県産の三線を伝統工芸製品の指定を目標にブランド化することによって、三線職人を取り巻く環境、地位の向上も目指そうとする〝県産三線普及ブランド化委員会〟に宮沢と共に名を連ねている。楽器を作る人たち、演奏する人たち、そして、次世代を担う学生たちとが交流させ、材料である黒檀の枯渇問題も含め三線を取り巻く様々な問題を共有することによって、自分たちの事として考え議論する場を増やすことに尽力されている方である。

 

この続きをみるには

この続き: 2,468文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年9月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年9月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
4
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。