見出し画像

[2019.02]オーニソロジー 〈ポスト星野源?〉 菊地成孔の秘蔵っ子、遂にアルバム・デビュー ジャズの経験をR&Bやロックに消化するポップな音楽性の秘密

文●西澤裕郎 text by HIROO NISHIZAWA

 2015年に活動をスタートさせたシンガー・ソングライター辻村泰彦によるソロ・ユニット、オーニソロジー。竹田一彦に師事して得たジャズギターのプレイをオルタナR&B、ロックに昇華させた楽曲で、2018年、菊地成孔プロデュースの元、アルバム『101』をリリースした。高い音楽スキルとポピュラリティを兼ね備えたオーニソロジーのルーツやアルバムの制作過程について話を聞いた。

── 辻村さんがオーニソロジーとして活動を始めたきっかけは?

辻村泰彦 小さい頃から趣味程度でしたけどピアノを習っていて。同時にポピュラー音楽も好きで、TSUTAYAでCDを借りて聴いたりしていました。中3でギターを買ってもらってからは独学で弾きつつ、高校の軽音楽部に入ってバンドと作詞作曲も始めて。周りが就職や進学で散り散りになっていく中、もうちょっと音楽を続けたいなと思ってジャズの先生にギターを習いに行き、6〜7年下積みをして、やりたいことをやってみようかなと思って25歳の頃に始めたのがオーニソロジーなんです。

── プロフィールには、菊地成孔さんのプロデュースで活動するべく上京とありますが、どういう出会いがあって上京するに至ったんでしょう。

辻村泰彦 奈良にいたときに出会った菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラールのアルバム『記憶喪失学』のライナーノーツがすごくおもしろくて。音楽を聴きながら、こんな人が日本にいるんだと発見して、菊地さんの音楽や書籍を掘って好きになっていきました。25歳の時、今の音楽力でオリジナル曲を書いたらどうなるかなと思って『オーニソロジー』という3曲入りのデモCDを作って送ったら、菊地さんからメールが返ってきて上京することになったという流れですね。

菊地成孔 多少補足すると、Taboo Labelが立ち上がってすぐにネットで新人の募集をかけたんです。それで送られてきたデモテープに入っていた「エレタメモア」がとにかく良くて。その1曲で契約する判断に至ったんです。

この続きをみるには

この続き: 1,696文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)