見出し画像

[2020.02]ダンスの時代 〜世界に広がるダンスの新潮流〜

文●若杉 実 text by MINORU WAKASUGI

 〝目に見える魂〟、それがダンスの正体である。魂を見るため、人間は思い思いのダンスをする。知らない者同士が互いに敬意を払い、肩を寄せ合い、知らず知らずダンスはそのように国境を越える。肌の色に違いはあれど、魂の色に違いはない。だから世界はダンスにあふれ、互いに手と手を取り合えるのだろう。

 一例として、近年ラテン圏でヒットした楽曲を俎上に載せてみる。

ロサリア_note

ロサリア「Malamente」

マウロ・カタリーニ_note

マウロ・カタリーニ「Eu to Maluco」

パブロ・ヴィタール_note

パブロ・ヴィタール「Flash Pose」

アヤ・ナカムラ_note

アヤ・ナカムラ「Pookie」

 MVを観ればわかるが、以上に共通する〝ダンス〟以外、アーティストの国籍、歌の内容、世界観は一致するものではない。「Malamente」(ロサリア)のようにシリアスな歌詞もあれば、マウロ・カタリーニのように色欲にもだえる音楽もある。しかし共通するダンスはそのように、あらゆる精神、感情を残さず享受し、人間の根源的な熱量に変えてしまう。人間が魂を計り知れないものとして体内に秘めるかぎり、情炎に身を焦がす営為はなくならない。

この続きをみるには

この続き: 5,721文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)