見出し画像

[2017.09]Cornelius『Mellow Waves』

文●高橋健太郎
text by KENTARO TAKAHASHI

画像1

 『ラティーナ』誌でコーネリアスに取材する? 最初にこの企画を振られた時には耳を疑った。が、11年振りに発表された最新作『Mellow Waves』を聴きながら、コーネリアスと南米の音楽の繫がりについて考えてみると、そこには話題になったことのない、隠された鉱脈が幾つも眠っているように思えてきた。インタビューに先駆けて、小山田圭吾が選曲した南米やアフリカの音楽、23曲のリストを見てみると、これがまた面白い。

 2001年の『Point』、2006年の『Sensuous』、そして2017年『Mellow Waves』という三部作の中で、コーネリアスの音楽は独自の方法論を進化させてきた。それは技術面ではDAW(Digital Audio Workstation)の発達と密接な関係にあるが、発想の源は意外なことに、ジョアン・ジルベルトのボサノヴァにあったのかもしれない。そんなことにも思い至る面白いインタビューになった。

(23曲の選曲に関する記事はこちら↓)


画像2

Cornelius『Mellow Waves』
(Waner Music Japan|CD:WPCL-12660)

—— 今日は新作の話と、選んで頂いた曲の話を両方していきたいんですが、南米の音楽は普段からよく聴くんですか?

コーネリアス そうですね、リズムと和声の洗練された感じが好きで。サンバとかはそれほどでもないけれど、ボサノヴァが好きで。

この続きをみるには

この続き: 5,630文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年9月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年9月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
15
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2017年9月号
ラティーナ|2017年9月号
  • 24本
  • ¥950

ラティーナ2017年9月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。