[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜サッカーという音楽

[2018.10]特集:音楽とラジオとエッセイと 〜サッカーという音楽

文●今福龍太

 ブラジルにおける「サッカー」(フチボル)という一つの宇宙が、数多くの音楽家たちのインスピレーションの源泉になってきたことは、しばしば語られてきた。けれど、ブラジルではサッカーが音楽のテーマになってきた、という言い方はあまりにも表面的な紋切り型というべきだろう。ブラジルでは、人は誰でも、サッカーという揺籃のなかの赤子として生まれ、ジンガのリズムに揺れながらいつのまにか身体にサッカーの律動を宿し、ボールとともに機知あるサンバのステップを踏みはじめる。だから、サッカーはそこでは民衆の日常の身体美学かつ倫理学となって人々の精神を深いところで律している。音楽は、その精神の深みから、自然に、必然的にあふれ出すものにほかならない。

この続きをみるには

この続き: 1,878文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)