見出し画像

[2019.09]【連載 それでもセーヌは流れる 128】ダニエル・ダルク、 あるロックンローラーの生と死

文●向風三郎

1) 映画『ダニエル・ダルク/ピーシズ・オブ・マイ・ライフ』ポスター

映画『ダニエル・ダルク/ピーシズ・オブ・マイ・ライフ』ポスター

 ダニエル・ダルク(1959〜2013)の死後6年経って、90年代から彼を撮り続けていた映画作家マルク・デュフォーとティエリー・ヴィルヌーヴによるドキュメンタリー映画『ダニエル・ダルク/ピーシズ・オブ・マイ・ライフ』が7月24日からフランスで劇場公開されている。大雑把に来歴を紹介すれば、80年代にニューウェイヴ系のバンド、タクシー・ガールのヴォーカリストとしてメジャーシーンで活躍したのち、ソロ活動を続けていたがドラッグとアルコール漬けで破滅していき、2004年にアルバム『心臓やぶり(Crève Coeur)』で奇跡のカムバックを果たし、ルーザーではなく全うなロッカー/ソングライターとして53歳の生涯を閉じた。その若さで亡くなったのはもちろん長い間の麻薬漬けが原因であり、その死に際しては大方の人は「やっぱり死んだか」と思ったはずである。

 7月末の土曜日午後、パリ左岸の老舗名画座アルルカンには、私と同世代だろう多くの60代の元パンク風な男女がダニエルとスクリーンで再会するために集まっていた。お盆に集まってくる故人の縁者たちのような優しい懐かしみを感じさせる館内だった。これは並大抵のバイオピックとは全然違うものだ。テレビや動画サイトで使い古された映像をコンパイルして、名の知れた故人関係者たちにコメントさせて、ヒーロー伝としてまとめ上げた華美に表層的なドキュメンタリーでもない。狙いも作為もないカメラが、向かいにいる生身の男を捉えたショットが時間軸や言葉の脈絡にこだわらずにコラージュされたような1時間45分である。独り言を呟きながらパリの町をふらふら歩き回るダニエルの姿は、季節を変え、年代を変えて何パターンも登場する。90年代にパリ11区で仕事していた私も、この姿を何度か目撃している。掃除整頓されていない、脱ぎっぱなしの衣類やカセットテープや空のビール瓶が床に転がる小さなアパルトマンの一室で、回っているカメラに頓着せず、雑魚寝づきあいの親友に話すように、呂律も脈略も定まらない言葉を発するダニエル。そういう彼のプライヴェートで親密な姿を、私の周りの観客たちは見に来ているのだ。ファンとしてではなく、何かを自分に与えてくれた友だちの生前のありのままの姿を。

 ダニエル・ダルク(本名ダニエル・ロズーム)は1959年パリ14区で生まれた。父方の家系がロシア/リトゥアニア系のユダヤ人で、ボルシェヴィキ革命の際フランスに逃れてきた。ロシア系ユダヤ人のルーツはゲンズブール、ポルナレフとも共通する。祖母イタ・ベラは1942年ナチ占領軍とヴィシー政権憲兵隊によるユダヤ人一斉検挙(ヴェロドローム・ディヴェール事件)によって捕らえられ、アウシュヴィッツ収容所で殺されている。ダルクの遺作アルバム『システィナ礼拝堂』(2013年)に「イタ・ベラ」と題された祖母への鎮魂歌が収められている。イタ・ベラに関するエピソードは本稿の後半でも登場する。ユダヤ教徒の父と異なり母はカトリック信者であり、この二つの宗教が後年のドラッグ脱却や求道的な歌作りに大きく影響する。

2) タクシー・ガール 1979年 (ダニエル・ダルク左から二人め)

タクシー・ガール 1979年 (ダニエル・ダルク左から二人め)

この続きをみるには

この続き: 4,485文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年9月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年9月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。