見出し画像

[2017.06]ますます面白いブラジル音楽新世代〜次世代を担う3人のキーマン

Antonio Loureiro × Frederico Heliodoro × Pedro Martins

文●江利川 侑介

 ジャズ・ギターの皇帝といわれ2000年以降のジャズにおける最重要人物の一人であるカート・ローゼンウィンケルの最新作『Caipi(カイピ)』にブラジルの若手ミュージシャン、ペドロ・マルチンスが共同プロデューサーとして起用したことは、昨今盛り上がりを見せるジャズとブラジル音楽の相互作用における最大のトピックだ。『Caipi』を聴けば、カートのソングライティングの魅力を最大限に引き出した功労者はペドロ・マルチンスであることは明らかで、さながら21世紀版『Native Dancer』のようである。今回のツアーにはペドロだけでなくレコーディングにも1曲参加しているアントニオ・ロウレイロがパーカッションとして、フレデリコ・エリオドロがベーシストとして参加していた。すでにこの3人でのレコーディングを終えているという話もカートのレーベル「ハートコア」からアナウンスされている。今後のシーンの未来を担うであろう3人に取材を行った。(インタビュー通訳/宮下ケレコンえりか)

この続きをみるには

この続き: 6,171文字 / 画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。