見出し画像

[2019.03]【連載 TÚ SOLO TÚ #226】ニューヨーク・ラテンとフュージョン音楽

文●岡本郁生

 1948年、アルゼンチンでバンドネオン奏者の子供として生まれたホルヘ・ダルトは5歳からピアノを習い、69年、米国に移住。ティト・プエンテやマチート、ガト・バルビエリらの楽団で活動するが、同時に、ジョージ・ベンソンのバンド・メンバーとして、76年、大ヒット・アルバム『ブリージン』に参加する。ベンソンはそれまでもヴァーヴやCTIレーベルなどからアルバムをリリースし、ジャズ・ギタリストとして一定の評価を得ていたが、この作品によってグラミー賞「最優秀インストゥルメンタル・パフォーマンス賞」を受賞。さらに、初めて歌った「マスカレード」が全米ポップ・チャートとR&Bチャート両方で上位にくいこみ、グラミーの「最優秀レコード賞」を獲得した。この作品によって新境地に足を踏み入れたベンソンは、その後、ポップ・スターへと華麗なる変身を遂げていくことになる。

画像1

George Benson 『Breezin'』(1976年)

 ここで演奏していたダルトを、(特に日本の)リスナーたちはどのように見ていたのだろうか? 当時は間違いなく〝フュージョン・ピアニスト〟という位置づけだろう。この少しあと、ティト・プエンテ、カルロス〝パタート〟バルデスらと組んだラテン・パーカッション・ジャズ・アンサンブルでのハードコアなラテン・アルバムによって彼は初めてラテン・ピアニストと認識されたのではなかったか。

この続きをみるには

この続き: 2,820文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)