[2018.03]水声社「ブラジル現代文学コレクション」~多様なブラジル文学の再発見~
見出し画像

[2018.03]水声社「ブラジル現代文学コレクション」~多様なブラジル文学の再発見~

文●岸和田 仁 texto por HITOSHI KISHIWADA

 昨年10月に第一巻が刊行された、水声社版「ブラジル現代文学コレクション」のラインアップを列記すると、

『エルドラードの孤児』 ミウトン・ハトゥン 武田千香訳

エルドラードの孤児

『老練な船乗りたち』 ジョルジ・アマード 高橋都彦訳

老練な船乗りたち_書影

❸『家宝』 ズウミーラ・ヒベイロ・タヴァーリス  武田千香訳

家宝

④『最初の物語』 ジョアン・ギマランイス・ホーザ 高橋都彦訳

⑤『あけましておめでとう』 フーベン・フォンセッカ 江口佳子訳

⑥『九つの夜』 ベルナルド・カルヴァーリョ 宮入亮訳

⑦『ある在郷軍曹の半生』 マヌエル・アントニオ・ジ・アルメイダ 高橋都彦訳(以下続刊)

 となっており、黒丸の3冊が既刊となっている。

この続きをみるには

この続き: 2,746文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)