[2017.02]ドリーマーズ・サーカス
見出し画像

[2017.02]ドリーマーズ・サーカス

新しいデンマーク伝統音楽/北欧トラッドを創造し、未知の領域に導く超大型新人

文●松山晋也
text by SHINYA MATSUYAMA

画像1

(photo by Caroline Bittencourt)

 昨年暮れの〈ケルティック・クリスマス2016〉で初来日し、欧州トラッド・フォーク・ファンの間で話題沸騰となったデンマークのドリーマーズ・サーカス。ヴァイオリンのルネ・トンスゴー・ソレンセン、シターンのアレ・カー、アコーディオンのニコライ・ブスクの3人から成るこのトリオは、全員が伝統音楽とクラシック音楽の両方に精通し、クラシック的手法やニュアンスを随所に盛り込んだモダーンかつ瑞々しい表現で欧州伝統音楽シーンに旋風を巻き起こしてきた。他のスカンディナヴィア諸国に比べ、ちょっと遅れぎみだったデンマークの伝統音楽シーンを一気に活性化させた、今最も注目すべきグループである。

画像7

(撮影:石田昌隆)

この続きをみるには

この続き: 2,157文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)