見出し画像

[2018.11]スウェーデンを代表する笛奏者 ヨーラン・モンソン

文と写真●松山晋也 text and photos by SHINYA MATSUYAMA

 スウェーデンを代表する笛奏者ヨーラン・モンソンが去る5月に〈ヨーラン・モンソン・プロジェクト〉として来日公演をおこなった。これは昨年秋に本国で発売され大きな話題になったヨーラン・モンソン&フレンズ名義のアルバム『オール・ヤンサ』のお披露目公演でもあった。

『オール・ヤンサ』はスウェーデン伝統音楽界の伝説的な笛奏者オロフ・ヨンソン(通称オール・ヤンサ 1867〜1953)が演奏した古い音源を元に、新しい解釈でレコーディングし直すというプロジェクトの作品だ。フィドルやギターやベースの他に、欧州で活躍する日本の琴(25絃箏)奏者、中川果林も参加している。私がインタビュー当日に観た日本公演の場所は、東京・神谷町の光明寺というお寺である。北欧の森の響きが日本の寺のお堂の薄明りの中に溶け込んだ、なんとも刺激的なライヴだった。

この続きをみるには

この続き: 2,883文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年11月号
ラティーナ|2018年11月号
  • 45本
  • ¥950

ラティーナ2018年11月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。