[2017.10]笹久保 伸 『ギター』─ 多重録音なし、アナログテープ音質に拘り原点であるギター演奏に絞った27作目 ─
見出し画像

[2017.10]笹久保 伸 『ギター』─ 多重録音なし、アナログテープ音質に拘り原点であるギター演奏に絞った27作目 ─


文●徳永 伸一郎

 ペルーから帰国した笹久保伸がCD「翼の種子」で国内盤デビューを果たし、シーンに衝撃を与えたのは2012年のことだ。以降も、高橋悠治、藤倉大ら現代音楽作曲家とのコラボレーション、またリカルド・モヤーノ、ヤマンドゥ・コスタら来日ギタリストとの共演といった演奏活動はもちろん、アーティスト集団「秩父前衛派」としての映画製作や瀬戸内国際芸術祭への出品、写真家として写真集の発売等々、次々と新しい話題を提供。このほど、ギタリストとしての原点回帰とも言うべき新作『Guitarra』をリリースした笹久保に、あらためて話を聞いた。

BNSDX-7002ジャケ写XXX

笹久保 伸『ギター』 (2017年)

この続きをみるには

この続き: 2,125文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)