[2018.10]スキヤキトーキョー2018レポート&ランディゴ インタビュー
見出し画像

[2018.10]スキヤキトーキョー2018レポート&ランディゴ インタビュー

文と写真●松山晋也 text & photos by SHINYA MATSUYAMA

●スキヤキトーキョー 2018レポート

◆スキヤキ

 毎年、富山県砺波市で開催されるワールド・ミュージック・フェスティバル《スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド》の東京ブランチ《スキヤキ・トーキョー》は、見事なまでにハズレがないから欠かさず観に行ってる。今年は8月28、29日の2日にわたり3組が出演した。中東ゴラン高原のアラビック・ロック・バンド、トゥートアルド。レユニオンの伝統音楽マロヤの人気グループ、ランディゴ。そしてブラジル人シンガー・ソングライターが率いるデンマークのグループ、ハファエル・ジメネス&アス・モンターニャス・ヂ・ソン。前2者が出たアッパーな1日目と、クワイエットな2日目。うまいことバランスもとれて、お得感いっぱいである。

この続きをみるには

この続き: 3,040文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)