[2021.05]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑩】5月はパリの物語 ─自由と愛の革命家たち
見出し画像

[2021.05]【TOKIKOの 地球曼荼羅⑩】5月はパリの物語 ─自由と愛の革命家たち

文●加藤登紀子

本エントリーは、5/19(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから

❶ ジーナが歌った「さくらんぼの実る頃」

㈰ジーナ1

ジーナ(『紅の豚』)

 1992年7月18日にロードショーがスタートした『紅の豚』は、今からちょうど100年前の1920年代を描いています。

 第一次世界大戦が終わって、たくさんの飛行機乗りが戦死、その苦い思いを胸に、次の時代を夢見る人たちの物語です。

 この中でジーナが歌っている挿入歌の「さくらんぼの実る頃」は1871年パリで起こった市民革命「パリ・コミューン 」で歌われた歌。約150年前の歌ということになります。

 ナポレオン3世とドイツの宰相ビス・マルクとの対決、普仏戦争でフランスが敗れたその混乱の中で起きたパリ・コミューン 。フランスの7都市で革命自治政府としてのコミューンが結成され、パリ市民の樹立した革命政府は約2ヶ月続きますが、最後の1週間で、ドイツ軍の助けを借りた臨時政府のベルサイユ軍に倒されます。

「さくらんぼの実る頃」はパリ・コミューン の指導者、ジャン・バチスト・クレマンが作った歌、この悲しい結末を決して忘れまい、と人々が革命後に歌い、ヨーロッパ中に広がったのです。

 このパリ・コミューン で「血の1週間」と呼ばれる5月21日から28日まで革命軍の兵士が立て籠ったのがペール・ラシェーズ 墓地。ここに今、パリコミューン の記念碑が立っています。
 
 この普仏戦争で勝利したドイツがさらなる覇権を求めて引き起こした第一次世界大戦、その地獄のような時代を経て、ジーナが、素晴らしかった「ひと夏の青春」のようなパリ・コミューン を偲んで、アドリア海に浮かぶホテルアドレアーノで「さくらんぼの実る頃」を歌っている、というわけです。

この続きをみるには

この続き: 5,891文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)