見出し画像

[2018.11]特集 人生と音楽 〜出会いと別れ〜 今福龍太

今福龍太●文化人類学者、批評家。東京外国語大学大学院教授。巡礼型の野外学舎「奄美自由大学」主宰。著書に『クレオール主義』『ミニマ・グラシア』『群島 - 世界論』『レヴィ=ストロース 夜と音楽』『薄墨色の文法』『書物変身譚』『わたしたちは難破者である』『ハーフ・ブリード』『ブラジル映画史講義』など。


 短い旅にも出会いと別れがある。

 フォルモーザ!むかしのポルトガル人航海者たちがこう呼んだ「麗しき島(イーリャ・フォルモーザ)」台湾。古い鹿港(ルーガン)の港町での数日間の滞在のあいだに、久しぶりに再会した親しい友は妻と別れていた。傷心を押し隠した彼とともに、車で長いトンネルを抜けて東海岸の宜蘭(いーラン)の波立つ海岸までドライブする。問わず語りに彼に語りかける私の物語は、むかしホノルルで出会い、その一年後に彼の地で没したある亡命ルーマニア老詩人が毎日書いていた、母国語での日記のような四行詩(カトレーン)の話。懐旧の甘い疼きと、流浪の境涯の苦さがないまぜになった小さな詩篇群。いくつもの見えざる国境を越えて辺境の島に漂着した声の断片。

この続きをみるには

この続き: 1,080文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)