見出し画像

[2017.12]伊東友子『エスペランサ』─ エリオ・アルヴェス・トリオとの録音を軸に、ダイナミックな歌声を披露

文●中原 仁

 94年に渡米し、ニューヨークを拠点にジャズ・シンガーとして活動してきた伊東友子(Yuko Ito)。その後ブラジル音楽に目覚め、2009年以降、ブラジリアン・ジャズ志向のリーダー作を2枚リリースし、ライヴ活動も積極的に行なっている。

 最新のサード・アルバムが『エスペランサ』。ジョイス・モレーノのバンドで、また今年は渡辺貞夫とモニカ・サルマーゾのライヴでも来日したニューヨーク在住のピアニスト、エリオ・アルヴィスのトリオを軸に、ジャズ・ピアニストの福森道華との共演、さらにホメロ・ルバンボとのデュオもあり、ニューヨークのファースト・コールが揃い踏みだ。

 最も感銘を受けたのが、軸足が安定してブレない、伊東友子のダイナミックな歌声。ジャズのインプロヴィゼーション精神とブラジルの歌ごころを併せ持ち、自身の揺るぎない〝声〟を備えている。自身のキャリアと新作について、メールでインタビューした。

この続きをみるには

この続き: 2,706文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)