[2019.09]リトル・ジョニー・リベーロ エディ・パルミエーリ楽団のコンガ奏者 新作『Golpe Duro』はダンサブル!
見出し画像

[2019.09]リトル・ジョニー・リベーロ エディ・パルミエーリ楽団のコンガ奏者 新作『Golpe Duro』はダンサブル!

文●山本幸洋

text by TAKAHIRO YAMAMOTO

 先月のネルソン・ゴンサーレスに引き続き、4月にブルーノート東京公演を行ったエディ・パルミエーリ楽団のメンバーから今回はコンガ奏者リトル・ジョニー・リベーロのインタビューをお届けしたい。

 私はあまり熱心なコレクターではないので、バンド・メンバーのソロ作は買い逃していたり、そもそもリリースを知らないこともよくあり、ライヴ会場での持ち込みCDを楽しみにしているクチだ。近年のエディの来日メンバーでは、エディの甥ルイス・フーシェ(サックス)やジョー・フィードラー(トロンボーン)のソロ作はブルーノート東京のロビーで入手したし、ジョニーのファーストCD『Pasos Gigantes』を入手したのも09年のエディ公演のときだった。そのジョニー(62歳)の新作が8月にリリース予定だという。(2019年4月10日、都内にて。協力:ブルーノート東京)


◀︎

ジョニー タイトルは『Golpe Duroゴルペ・ドゥーロ』、サルサ・アルバムだ。9曲のオリジナル曲はボクが2曲、ジェレミー・ボッシュが2曲、アンソニー・アルモンテ2曲、それとエディの曲がひとつあってエディがゲスト参加でピアノを弾いている。メンバーは先の面々と、ジミー・ボッシュ、ルイシート・キンテーロ、ルケース・カーティス、ザッカイ・カーティス、ジョナサン・パウエルたちで、エディのオルケスタのメンバーが中心となっている。トランペット2、トロンボーン2、パーカッション4(とピアノ、ベース、ヴォーカル)という編成だ。ボクはコンガもボンゴもグィロもマラカスも演奏してる。エディと同じアップライジング・レーベルだ。

この続きをみるには

この続き: 3,556文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)