見出し画像

[2018.02]新刊『ジャジューカの夜、スーフィーの朝』 ワールドミュージックの現場を歩く著者〜サラーム海上インタビュー

文・写真●石田昌隆

サラームXXX

 サラーム海上の最新の著作『ジャジューカの夜、スーフィーの朝 ワールドミュージックの現場を歩く』が素晴らしい。2010年代前半に、パキスタン、レバノン、イスラエル、インド、モロッコ、トルコで音楽の現場を訪ねた旅行記であり、同時にそれが今最も先鋭的な音楽論として成立している。自宅を訪ねて話を聞いてきた。

 サラーム海上が決定的な糸口に出会ったのは02年、レバノンまでタブラ・ビート・サイエンスの取材に行ったときだった。前年からインドでエイジアン・アンダーグラウンドの現地取材を始めていたが、レバノンでザキール・フセインらと会ったことから発展して『PLANET INDIA プラネット・インディア インド・エキゾ音楽紀行』(06年)をまとめた。

プラネットXXX

 そしてレバノンの帰りに寄ったトルコのイスタンブールで、メルジャン・デデのCDに出会い、そこから『21世紀中東音楽ジャーナル』(12年)に結実する旅が始まった。さらに02年のレバノンでは、ベイルートのヴァージンメガストアで、歌手のヤスミン・ハムダンとプロデューサーのゼイド・ハムダンからなるソープキルズのCDにも出会っていて、そこからこの『ジャジューカの夜、スーフィーの朝』への旅が始まったのだった。

この続きをみるには

この続き: 1,406文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。