[2021.08]バイアーナシステムの軌跡:ブラジルのリズムの豊かさ|バイアーナシステム(前編)
見出し画像

[2021.08]バイアーナシステムの軌跡:ブラジルのリズムの豊かさ|バイアーナシステム(前編)

 地方の伝統的リズムと世界中のリズムをミックスしてサウンド革命を起こし、現代ブラジル音楽の最重要バンドとなったグループの軌跡を紹介します。

LuizFranco-0482のコピー

画像20

画像21

バイアーナシステムの中心人物
(左から Roberto Barreto / SekoBass / Russo Passapusso)

文●ヂエゴ・ムニス(Diego Muniz) 翻訳●花田勝暁

 伝統的に優れたミュージシャンを世界に紹介してきたバイーア。この伝統は今も更新され続けています。ドリヴァル・カイミ(Dorival Caymmi)、ジルベルト・ジル(Gilberto Gil)、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)、マリア・ベターニア(Maria Bethânia)、イヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)etc. に続いて、バイーアのシーンを新たに代表するグループが登場しています。

 ホベルト・バヘット(Roberto Barreto)、フソ・パサプソ(Russo Passapusso)、セコ・バス(Seko Bass)によって結成されたサルヴァドールのグループは、トロピカリア、マンギビート、アシェー・ミュージックの後継者で、オリジナルのサウンドを作り出し、シーンに新鮮さをもって受け入れられ、ブラジルの音楽シーンに独自の位置を獲得しました。

 アフリカのパーカッション、ジャマイカのサウンドシステム、そして何よりギターハ・バイアーナ(サルヴァドールのトリオ・エレトリコが発明した楽器)を携えて、バイアーナシステムは、バイーアの伝統とカリブのリズムを結びつけました。

画像1

ギターハ・バイアーナ(guitarra baiana)のアイコン、
アルマンヂーニョ(Armandinho)

画像19

 「バイアーナシステムは、ギターハ・バイアーナに新しい音の可能性を見出そうという提案から生まれました。当初から、主に影響を受けていたのはイジェシャー(ijexá)、レゲエ、サンバヘギ(samba-reggae)にダブ。ギターハ・バイアーナを声として考えていました」と、グループの生みの親であるギタリスト、ホベルト・バヘットは言います。

この続きをみるには

この続き: 4,169文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年8月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)