見出し画像

[2018.06]【連載 TÚ SOLO TÚ #218】プエルトリコを代表する、当代随一のサルサ歌手 ビクトル・マヌエル、最新アルバム『25/7』をリリース!

文●岡本郁生

 プエルトリコを代表するサルサ歌手、ビクトル・マヌエルが、最新アルバム『25/7』をリリースした。

画像1

 〝24/7〟といえば、1日24時間・週7日・休みなしに、という意味になるだろうが、ではいったい〝25〟とは? ……そう!1993年、アルバム『フスト・ア・ティエンポ』でデビュー以来、今年がちょうど25年になるのだ。これをモジっての『25/7』なのである。

画像2

アメリカフロリダ州、オーランドでのライヴポスター

 93年といえば、マーク・アンソニーがサルサ界にデビューして一大センセーションを巻き起こした年である。それまで、ハウス/フリースタイルの世界で活動し、マスターズ・アット・ワークの〝リトル〟ルイ・ベガとの共同名義のアルバムも発表していたマークは、92年、ティト・プエンテのアルバム100枚リリース記念コンサートに出演。このときサルサを歌ったことがきっかけとなって、『オトラ・ノタ』でデビューを果たした。セルヒオ・ジョージがプロデュースをつとめ、RMMレーベルから出たこの作品は一気に世界的な注目を集め、マーク・アンソニーは時代の寵児となったのである。

 サルサ・ロマンティカが全盛となっていたプエルトリコはともかく、80年代後半からニューヨークでは、サルサという音楽自体が存亡の機に立たされていた。若いラティーノたちはサルサには目もくれず、ダンス・ミュージックに入れ込むようになっていたのである。そんな中で、プエンテの100枚目、そして同じくハウスから転向したインディアのサルサ・デビュー(しかもエディ・パルミエリとの共演で)に続くマークの大成功によって、ニューヨーク・サルサは完全に甦った。まさに新世代のサルサが誕生したのである。

この続きをみるには

この続き: 2,374文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)