見出し画像

[2019.12]Adeus, nossa Praça Onze, adeus!!! 日本の《プラッサ・オンゼ》38年史を辿る ― 2019年11月末をもって幕を閉じる、ブラジル音楽の拠点へ捧げるオマージュ― 第3回(最終回)

文●佐藤由美/写真●湯田義雄

text by YUMI SATO / photo by YOSHIO YUDA

「グランドフィナーレ」と銘打たれた11月末までのプログラムは、残すところ僅か。10月30日には初代ウェイターの強靭パーカッショニスト、正規オープン時の達人ドラマー、初期ギター弾き語りの重鎮、85年に初来日したキーボードの巨匠、あまたセッションを支えてきたギタリストとベーシストが集い、懐かしくも熱い感謝の特別ライヴを繰り広げた。さぁ、本稿も駆け足で締め括らねば。

 人気店の暖簾を守るのは並大抵の苦労ではない。創業者にしてシンボルのような人物を失った《プラッサ・オンゼ》を継いだのが、伴侶の浅田クラウジアだった。今の店を出入りする誰もが恐れ敬い、怒られてもなお愛してやまないおっかさんである。

 勘違いされる方が多いのでざっと略歴を記しておくが、彼女は父方の実家・島根に生まれ、東京の国立で育った。十代の頃、父親の事業のためサンパウロへ移り住み、彼女は現地のカトリック系中学に学ぶ。70年、大阪万博の仕事を機に日本で働こうと決め帰国。就職先もブラジル系銀行に内定しており、彼女は長年支店長秘書を勤めることになるが……大阪万博のブラジル館で思いがけぬ人物と再会する。その男こそ、サンパウロでバイバイして別れたはずの浅田英了だった。男は未練がつのり、クラウジアを追っかけてきたのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,698文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンにはラティーナ2019年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年12月号のアーカイブです。

または、記事単体で購入する

[2019.12]Adeus, nossa Praça Onze, adeus!!! 日本の《プラッサ・オンゼ》38年史を辿る ― 2019年11月末をもって幕を閉じる、ブラジル音楽の拠点へ捧げるオマージュ― 第3回(最終回)

e-magazine LATINA

200円

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。