[2020.11]パウリーニョ・ダ・ヴィオラ〜新作と人生と創作について語る1万字独占インタビュー〜
見出し画像

[2020.11]パウリーニョ・ダ・ヴィオラ〜新作と人生と創作について語る1万字独占インタビュー〜

文● Diego Muniz 訳●花田勝暁

ブラジル音楽の世界でもっとも偉大な音楽家の1人、パウリーニョ・ダ・ヴィオラが初のデジタル・アルバムをリリースした。1万2千字を越える貴重な独占インタビューで、新作と人生、創作、訪日について語る。

 パウリーニョ・ダ・ヴィオラは、ゆっくりとデジタルの世界に到着しました。2017年にFacebookとInstagramで自身のアカウントを開設した後、
ごく最近Twitterにアカウントを開設。そして、78歳で、デジタルプラットフォームでも音楽デビューを果たしました。
 アルバム『Sempre se pode sonhar』は、2006年にブラジル、サンパウロのTeatro Fecapでコンサートの全レパートリーを収録したアルバムで、パウリーニョのクラシックな名曲と当時の新曲で構成されている。
 マリーザ・モンチが録音した「Para mais ninguém」や、本作のタイトル曲でもあるエドゥアルド・グヂンとの共作「Sempre se pode sonhar」など、既発曲だが、パウリーニョの声では録音されていなかった曲も収録されている。唯一の未発表曲の「Ela sabe quem eu sou」は、如何にもパウリーニョらしいサンバだ。

このライヴの演奏を支えるのは長年パウリーニョと活動を共にしてきたグループで、メンバーは、


ピアノ:クリストヴァン・バストス(Cristovão Bastos)

ギター:ジョアン・ハベーロ(João Rabello)
ベース:ヂニーニョ・シルヴァ(Dininho Silva)
ドラム:エルクリス・ヌネス(Hércules Nunes)
パーカッション、パンデイロ:セルシーニョ・シルヴァ(Celsinho Silva)
サックス:マリオ・セーヴィ(Mário Sève)

 美しいジャケットは、マエストロ、エリファス・アンドレアート(Elifas Andreato)による作品です。

 このラティーナのための独占インタビューでは、パウリーニョ・ダ・ヴィオラは、この作品を生み出したコンサートがどんなコンサートであったかを回想し、自身のキャリアについて話し、長い「ステイ・ホーム」の期間中に何をしていたかを語り、そして、自身をデジタル世界との関係を明らかにする ──「ああ、ぼくは19世紀の男です。ここで何をしているのかわからない」

この続きをみるには

この続き: 11,292文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年11月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)