見出し画像

[2017.02]【第1回 カンツォーネばかりがイタリアじゃない】ヴィットリオ広場のオーケストラ: 移民たちの稀有な表現活動

文● 二宮大輔

 イタリア留学中に最も衝撃を受けたのは、老婆がゴミ箱の中に転落する場面だった。私が住んでいたローマの町外れのさらに外れにジプシーのバラックがあり、そこから交通の便が良いため、我が家の近くにもジプシーたちがゴミ箱を漁りに来ていた。ローマでは、幅2メートル、高さ1メートル50はあろうかという巨大なゴミ箱が各所に配置されており、近隣住民がそこにゴミを捨て、夜間にトラックが収集して回る。日にち指定もないため、不要な家具や衣類まで気軽に捨てられている。それを狙って家財の足りないジプシーたちが、漁りに来るというわけだ。

 ある朝、家のベランダから外を眺めていると、ゴミ箱を漁っているジプシーの老婆がひとり。内側まで探ろうとゴミ箱の縁に身を乗り上げている。その時、体重が内側にかかりすぎて、老婆はそのままゴミ箱の中に転げ落ちてしまった。幸い彼女に怪我はなく、騒ぎにもならなかったが、私は深く静かな衝撃を受けた。東欧と隣接し、地中海を通してアフリカとつながっているイタリアには、ジプシーをはじめ多数の移民が押し寄せる。ゴミ箱転落事件を目撃した2006年ごろで、その数240万人。ここでは、移民問題が残酷なまでに可視化されているのだ。

 そんなわけで、時を同じくして封切りされた映画「ヴィットリオ広場のオーケストラ」は、とても印象に残っている。ヴィットリオ広場はローマ中央駅テルミニから南東に数分の距離にあり、もとは賑やかな市場があった由緒ある居住区だ。衛生悪化に伴い2001年に市場は完全移転。広場の周辺には、いつからか多様な移民が住むようになった。「移民に侵食されてイタリア人が少数派になっている」と揶揄されるヴィットリオ広場のイメージを改善するため、そして地域の映画館シネマ・アポロを立て直し新しい文化を発信するため、地域の芸術家たちが映画館に因んだアポロ11協会を創設。その活動の一環として結成されたのがヴィットリオ広場のオーケストラだ。

この続きをみるには

この続き: 1,766文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)