[2018.05]コンゴ出身ベルギー在住ラッパー、バロジ -アフロポップの最注目アーティストが来日-
見出し画像

[2018.05]コンゴ出身ベルギー在住ラッパー、バロジ -アフロポップの最注目アーティストが来日-

文と写真●石田昌隆

text by MASATAKA ISHIDA

 バロジが、新作『137・アヴニュ・カニャマ』をひっさげて初来日公演を行なった。

画像1

 3月22日、代官山、晴れたら空に豆まいて。3月24日、アンスティチュ・フランセ。ベテラン・ギタリスト、ディジー・マンジェク(Dizzy Mandjeku)も来日した。

 バロジのパフォーマンスは最高にカッコ良かったし、ディジー・マンジェクはT・ボーン・ウォーカーみたいにギターを頭の後ろで抱えてルンバ・コンゴレース風味満点のギターを弾くシーンもあって素晴らしかった。

 バロジは、78年にコンゴ民主共和国(当時はザイール共和国)の南東部、ザンビアに隣接しているルブンバシで生まれたが、3歳のとき母と別れ、父に連れられてベルギーに移住。マルセイユのヒップホップのグループ、IAMなどに影響を受け、15歳の頃からラップに興味を持つようになった。

 「スターフラム(Starflam)というグループでラップするようになりました。メンバーのうち2人はコロンビア人で、ラテン・ヒップホップの影響を受けました。ザ・ビートナッツとか。それからファニアも好きですよ。エクトル・ラボーはベストですね。ウィリー・コロン、ルーベン・ブラデスも」

 07年に『Hotel Impala』でソロ・デビュー。ここにアンプ・フィドラーをフィーチャーした「Nakuenda」という、マーヴィン・ゲイの「I'm going home」」を基にした曲がある。


この続きをみるには

この続き: 2,188文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)