見出し画像

[2019.06]島々百景 #40 『島々百景』第1刊のあとがきにかえて

文と写真:宮沢和史

徳之島での唄会


 旅をして渡った島々のことを書き連ねてみたいな、と本誌で何気なく連載を始めて早いもので3年が過ぎた。多くの人は「島」という言葉を聞くと、自分の体験やテレビや映画、雑誌などで見た「島」の〝最大公約数のイメージ〟が一つになって頭に浮かぶのではないだろうか。特に「南の島」と聞くと、椰子の木や、ビーチパラソル、青い海に白い波、そんなアイコンが思い浮かぶことだろう。

 「沖縄」という言葉は少し曖昧なものだと言える。沖縄とは「沖縄県」のことなのか?「沖縄島」すなわち、沖縄本島のことなのか? もしくは、琉球弧の島嶼群を指すのか? みなさんはいかがだろう? 沖縄県民に聞くと、多くの方は沖縄(ウチナー)は「沖縄県」をイメージするとおっしゃるだろうが、沖縄は沖縄島のこと、他所島である宮古島諸島や八重山諸島などはミャークであり、イェーマであり、ウチナーとは異なるイメージである。と答える人が意外と多いはずだ。琉球國の時代まで遡れば先島はそれぞれ個々に治められていた別々の国だったと言っていい。第二尚氏第三代国王尚真王(在位1477~1527)の時代に沖縄本島、そして、先島を含め中央集権体制を確立したのだ。そもそも第一尚氏が沖縄本島を統一する以前は三山時代といい、沖縄本島では三つのクニが北部、中部、南部を統治していた。もっと言えば、三山時代のさらに前は多くの豪族が按司としてそれぞれの地域をクニのような形で治めていたし、三山統一後も尚真王の時代までは沖縄本島が一枚岩になったわけではない。要するに〝クニ〟という単位で沖縄を捉えようとすると、非常に複雑な流れの中で出来上がった概念であると言える。しかし、こういったケースは何も沖縄に限ったことではない。日本本土においても同様だ。

この続きをみるには

この続き: 987文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。