新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2020.05]タンゴダンス永遠のミューズ、グローリア逝く!

文●本田健治 text by KENJI HONDA

 新型コロナに弊誌休刊最終号…この辛い、寂しい時期に、アルゼンチンの友人でジャーナリストの Silvia Rojas から、もう一つ大きな悲報が届いた。

 アルゼンチン・タンゴ・ダンス界最大の功労カップル、グローリア&エ ドゥアルドのグローリア(Gloria Julia Barrudo) が、4月11日午後73才の生涯を閉じた。昨年、彼女の最後の誕生日に難しい心臓手術から回復し、ペドロ・エチャグエ・クラブでのGENTE MILONGAで、久しぶりにダンスを披露していた。タンゴ関係者のみならずすべての人から愛され、プロダンサーとして最高だったのはもちろん、友人として、母親として、完璧な評価ばかりが目についた素晴らしい女性だった。肺水腫が原因での衰弱で、遺体は彼女の希望により火葬された。2016年10月にブエノスアイレス市名誉市民の称号を贈ら れている。

        ‡

 64年、「タンゴ王」カナロの来日メンバーに選 ばれてデビュー。グローリアはまだ14才。就労ビザを取得できないため、母親が名義上のダンサーとなり、グローリアはその娘として入国した。カナロは彼らのダンスを一目見て惚れ込み、日本に連れ行く事を決めたという。その後帰国してからも、一躍人気者になったこのカップルは毎週TV番組でタンゴの楽しさを伝え続けるよ うになった。

初期のエドグロXXX

 70年代の中半、ブエノスアイレスのコロン劇場のすぐそばに、観光客目当てではないタンゲリアがあった。「カーニョ・カトルセ」だ。これをユダヤ系の友人と共同経営し、ブエノスアイレスのアンテナの立ったマスコミ人や多くの熱心なファンに向けて、素晴らしいショーを毎晩続けていたのがグローリア&エドゥアルド。セステート・タンゴも、ビルヒニア・ルーケも、マルコーニ、フアンホ・ドミンゲスも…… ブエノスアイレスの最高のスポットだった。そして、78年、セステート・マジョールが日本公演を果たしたが、この公演でダンスの振付を担当したのが、グローリア&エドゥアルド。以来、民音公演ではほぼ毎年、振付を担当するようになった。

この続きをみるには

この続き: 2,362文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。