[2018.01]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #6 ミシェル・カミーロ
見出し画像

[2018.01]【短期連載】 The Latin Music is a Tramp! #6 ミシェル・カミーロ

文●山本幸洋

 ミシェル・カミーロの新譜『ライヴ・イン・ロンドン』が熱い。コンサート・ホールでソロ・ピアノでライヴと聞いて、クラシカルでいうところのピアノ・コンチェルトか?と思っていたが、基本的には左手でシンコペイトするビート、右手でメロディ、コンボ相当の音数をピアノ一人でやってしまう『ワッツ・アップ?』のライヴ・ヴァージョン+αなのだった。

画像1

撮影/ 山路 ゆか 写真提供/BLUE NOTE TOKYO


ミシェル 元々はコンサートだけだったんだけど、プロモーターが録音すればって言ってくれてね。初めてのソロ・ピアノでのコンサートだったし、クイーン・エリザベス・ホールも初めてだったから、記念にってね(笑)

—— ロンドンには有名なロニー・スコッツなどジャズ・クラブもありますが、コンサート・ホールは格別ですよね?

ミシェル うん、ロニー・スコッツにはピアノ・トリオで出演した、ダフニス・プリエートにリッキー・ゴンサーレス。クイーン・エリザベスは完全アクースティック(ミシェルのブリティッシュアクセント)で、音響は完璧だったし、楽器も素晴らしくて、ボクは完全自由に創造性を発揮できた。

画像2

Michel Camilo『Live In London』(SICX-30053)

—— 『ワッツ・アップ?』のライヴ版?

ミシェル 関連してる。トリオのツアー中だったからトリオのレパートリーを想定してたけど、この日は霊感が働いちゃって『ワッツ・アップ?』で演っていた「マンテーカ」に「アイ・ガット・ザ・リズム」に「フロム・ウィズイン」……全てをぶつけた(笑)。サンドラ(マネージャでミシェルの奥さん)も、今日のミシェルはどうしちゃったの?って心配になったらしいよ(笑)

画像3

Michel Camilo『What's Up?』(SICP-3826)

—— 強靭なタッチ。

ミシェル 午前中のサウンド・チェックでホールの響きとかピアノのコンディションの良さを感じて、本番より長い時間をかけたんだよね。強く大きな音で弾くようにしたら、「サンドラのセレナーデ」の小さい音も綺麗に響いてくるんだ。

この続きをみるには

この続き: 3,344文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)