[2019.04]平成のワールドミュージック ⑥平成26年〜平成31年

●平成26年(2014年)

◆モニカ・サウマーゾの頂点というべき作品

『モニカ・サウマーゾ/コルポ・ヂ・バイリ』

画像1

 モニカ・サウマーゾは1995年の『Afro-sambas』に始まり、2017年までの22年の間に自己名義のアルバムを11枚リリースしており、そのすべてのアルバムが最高のクオリティであるという驚くべきアーティストだ。そのなかで頂点というべき作品が10番目となるこの『Corpo de Baile』である。ギンガの作品集だがギンガに対して一般的には90年代のアルヂール・ブランキとの共作のアクロバチックな作風の印象が強いと思うが、このアルバムではすべてがパウロ・セーザル・ピニェイロの作詞で統一されており、ギンガの作品に対する印象を大きく変化させたのではないかと思う。録音されたことがなく40年間も埋もれていた作品を過去の録音テープから発掘し、収録するなど、知的鋭さと母性的優しさの両面を持つ彼女の歌唱が緻密な弦楽、木管、ギターによるアンサンブルを伴って提示される、聴けば聴くほどに感銘を深くする傑作である。(濱瀬元彦)

この続きをみるには

この続き: 4,245文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)