見出し画像

[2019.08]ルシアナ・ソウザ インタビュー

文●TOYONO

●ルシアナ・ソウザの影響力

 コンテンポラリージャズシーンのアイコニックな存在であるエスペランサ、グレッチェン・パーラト、ステイシー・ケントなど、ここ数年ブラジル音楽へ傾倒するブラジル国外の歌手の活躍が目覚ましい。かつてはエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ディオンヌ・ワーウィックなど錚々たるスター達もブラジル音楽を採り上げているが、あくまでプロジェクトとしての捉え方であった。が、先にあげたアーティスト達は、ブラジルに何度も出向きギンガと共演を重ねるエスペランサなど、意識高くブラジル音楽と向き合い、更に彼女達が最先端シーンで磨き上げたセンス良い音楽性で活動の主軸へと昇華させている、聴き応えのある物だ。

 そういったジャズシーンの変化に注目すると、ルシアナの存在と影響力を考えずにはいられない。

 ルシアナは英語とポルトガル語、どちらでも魅了出来る希有な歌手だ。それは彼女が長年続けてきた、ブラジルとジャズを同じ純度で伝えるからこそなのだと思う。

画像3

Photo by Anna Webber

 私がルシアナを意識したのは、2007年ハービー・ハンコックがグラミー最優秀アルバム賞を受賞した『River~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』からだ。ノラ・ジョーンズやジョニ・ミッチェルと肩を並べ唯一人参加したブラジル人歌手。また『Brazilian Duo』(2003)(ホメロ・ルバンボ、マルコ・ペレイラ、そして父のワルテル・サントス3人のブラジル人名ギタリストとのデュオ演奏アルバム)を皮切りに、これまで6作品がグラミーにノミネートされる快挙を成し遂げている。このデュオ・シリーズは3作品続き「ブラジル音楽女性歌手とギタリスト」というデュオスタイルの、選曲も含めお手本となっているのではないだろうか。そんな輝かしい功績にもかかわらず、ガツガツした感じとは無縁、気品漂う彼女に益々会ってみたくなり、私のラジオ番組で放送する事も含めてインタビューをお願いした。

画像2

写真提供/COTTON CLUB(撮影:山路ゆか)

この続きをみるには

この続き: 1,709文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。