見出し画像

[2019.02]折坂悠太 と butaji 〜『平成』と『告白』 2018年を代表する傑作を作った2人〜

文●渡辺裕也 text by YUYA WATANABE

 作家自身の抱える苦悩がこの社会の根本的な課題をあぶり出した、butaji『告白』。ひとつの時代の始まりから終わりまでをその半生と重ねた、折坂悠太『平成』。この2018年を代表する2枚の傑作を並べてみた時、あらためて思うのは「優れたポップ・ミュージックは時代との軋轢から生まれる」ということだ。今回はそんな気鋭のシンガーソングライター二人に対談をオファー。年齢差1歳にして、かねてから弾き語りで共演を重ねてきた折坂とbutajiが、お互いの最新作について思うことを初めて語り合った。

butaji 『平成』をなんども聴きながら思ったことなんですけど、折坂さんの歌詞って、詞をそのまま朗読したときのイントネーションと、それをメロディに乗せたときのイントネーションがぴったり合ってるなと。実際はどうですか?

折坂 はい、そこはけっこう大事にしてるところですね。というのも、僕は日本語の抑揚がメロディに合ってないと気が済まないところがあって。昭和歌謡とかに惹かれるのも、日本語の節回しとメロディがちゃんと合っているからなんですよね。

butaji やっぱりそうなんですね。特に「さびしさ」は1番から2番まで本当にぜんぶ揃っているんですよ。なんていうか、潔癖だなと。

折坂 まさにそう。僕、潔癖なんですよ。

butaji そこがまた面白いんですよね。僕はそこまでやらないから。

── 折坂さんはどうでしょう。butajiさんの作品にも何かしらの潔癖さは感じませんか?

折坂 感じます。実際、『告白』はアレンジから何からものすごく精密に作られているし、歌詞に関しても「とりあえずこれでいっとこう」みたいな言葉がまったくないんですよね。逆に、僕はその節回しを揃えるために「意味はちょっとわからないけど、これはこれでいいな」みたいな感じで言葉を選ぶときがよくあるので(笑)。要は、なにを大事にするかってことですよね。同じ潔癖でも、潔癖の方向性が違うというか。そもそもbutajiさんは制作スタイルがそうですよね。ひとりで全部やるっていう。

butaji 僕がひとりで全部やってるのは、ただそうせざるをえなかっただけなので(笑)。ただ、ひとりの時間を長くつくれたこと、それで制作に集中する時間が多かったことは、間違いなく『告白』というアルバムの内容につながっていると思います。パーソナルなことを突き詰めるのと、ひとりで制作する時間が長かったことは、もちろん無関係ではないので。

折坂 僕が知っている日本のシンガーソングライターのなかでも、butajiさんは「個でいること」の強さをもっとも感じさせる方なんです。一方で僕の場合は、その「個」がバンドを始めたことでちょっと薄れかけていたので、『平成』ではもう一度そこに引き寄せたかったんですよね。

この続きをみるには

この続き: 3,301文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年2月号
ラティーナ|2019年2月号
  • 33本
  • ¥950

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。