見出し画像

[2019.01]【連載 TÚ SOLO TÚ #225】レゲトンというリズムが核となり、多彩なつながりを見せた 2018年のラテン音楽シーン

文●岡本郁生

 2017年はルイス・フォンシとダディ・ヤンキーの特大ヒット「デスパシート」に明け暮れたが、18年はなんといっても、カミラ・カベジョとともに明けたといえる。

 1997年ハバナ生まれで6歳のとき家族とともにマイアミに亡命。テレビのオーディション番組から誕生した5人組ガール・グループ、フィフス・ハーモニーのメンバーとして13年にデビューしたカベジョ。2枚のアルバムを発表して脱退すると17年、ソロとしてまずは映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサントラに参加し「ヘイ・マ」でピットブル、J・バルビンと共演。「クライング・イン・ザ・クラブ」でソロ・デビューし、続く、ファレル・ウィリアムスのプロデュースによる「ハバナfeat.ヤング・サグ」がまずはイギリスでブレイク。年末にかけてジワジワ盛り上がり、ついに18年1月に全米1位を獲得した。ちょうどアルバム『カミラ』もリリースされ、一気にスターの座に駆け上がったのである。

画像1

Camila Cabello

 そして彼女の勢いは、そのまま、米国のチャートでの、ラテン系アーティストたちに引き継がれた。

 中でもっとも注目を集めたのはカーディBだろう。92年、ニューヨークはサウス・ブロンクスの生まれ(本名はベルカリス・アルマンサル)で父親はドミニカ人、母親はトリニダード人である。10代半ばからストリート・ギャングのメンバーとなるが、その後、貧困とDVから逃れるために19歳でストリッパーとなった。彼女にとってはそれが、ひどい状況から抜け出し、教育を受けるための手段だったという。やがて、SNSへの投稿が話題となり、人気リアリティ番組『ラヴ&ヒップホップ:ニューヨーク』にレギュラー出演。15年から本格的に音楽活動を始め、17年、メジャー・デビュー・シングル「ボーダック・イエロー」が全米チャート1位を獲得した。女性ラッパーが〝フィーチャリング〟でなくリード歌手として1位を獲得したのは史上5人目で、ゲストなしの単独曲ではローリン・ヒル以来19年ぶりの快挙。全米チャート1位を獲得した初のドミニカ系アーティストとなった。

 18年1月リリースのブルーノ・マーズ「フィネス(リミックス)」で共演し、グラミー賞セレモニーでのパフォーマンスも大きな話題となって、その後は、リタ・オラの「ガールズ」、ジェニファー・ロペスの「ディネロ」、マルーン・ファイヴ「ガールズ・ライク・ユー」、リル・ヨッティー「フー・ワント・ザ・スモーク?」、DJスネーク「タキ・タキ」と、〝フィーチャリング・カーディB〟の楽曲が立て続けにリリース。さらに、夏には、バッド・バニーとJ・バルビンをフィーチャーした本人名義の「アイ・ライク・イット」が大ヒットすることになった。

この続きをみるには

この続き: 2,297文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)