見出し画像

[2018.04]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第3回 グリセール

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

スクリーンショット 2020-07-02 15.08.45

 作詞はホセ・マリア・コントゥルシ。前回紹介した歌のタンゴの第1号曲「ミ・ノーチェ・トリステ」の作詞者パスクアル・コントゥルシの息子である。パスクアルは23歳の時、17歳の妻イルダと結婚し、ホセ・マリアが誕生するのだが、ほどなくパスクアルはある女性を追っかけてモンテビデオに行くが、あっさり捨てられそこで「ミ・ノーチェ・トリステ」を作ることになる。その後ブエノスアイレスに帰って来るが、事実上の離婚状態で、1927年にパスクアルはパリに移住してしまう(その後バルセローナにも滞在)。1928年には在パリのバンドネオン奏者バチーチャの曲を得て、「場末のバンドネオン」を発表。しかしまもなくパスクアルは精神を病み、ガルデルをはじめとする友人たちはパスクアルに嘘をついてブエノスアイレス行きの船に乗せ、到着後病院に入院させたが、1932年5月29日に世を去った。享年43歳。

画像2

 こうした経緯を考えるとホセ・マリア・コントゥルシと父の関係は希薄なものだっただろう。しかし父の友人たちが集っていたボヘミアンな環境に身を置き、その文才は受け継がれるのである。ホセ・マリアは父とは異なり、ルンファルド(俗語)の使用は極力避け、ブエノスアイレスに新たに出現した中間層の価値観を代表する作品を書いた。

 父の死の翌年から作詞活動を開始するが、実際はラジオのアナウンサーとして活躍していた。1935年のある日、ラディオ・ステントールでホセ・マリアは、15歳のスサーナ・〝グリセール〟・ビガノーと出会う。「グリセール」は彼女の母が昔見たフランスの無声映画(一説によれば小説)の主人公の名前 Griceleからとった愛称だった。スサーナはコルドバ州のカピージャ・デル・モンテで暮らしていたが、ゴリとネリーのオマール姉妹の誘いで、ブエノスアイレスへ公開収録を見に来たのだった。オマール姉妹は美人民謡系デュオとして人気をとり始めた頃。ご存知の通りネリー・オマールはその後長く活動し、2013年に102歳で亡くなった名歌手、ゴリ・オマールはその後すぐ引退したが、詩人のフリアン・センテージャの夫人だった。オマール姉妹はホセ・マリア・コントゥルシにスサーナ(グリセール)を紹介、あまりの美しさにホセ・マリアはひとめぼれしてしまう。しかしホセ・マリアはこの少し前にアリーナ・サラテと結婚、娘エステルも生まれていた……

 時は流れ、1938年、ホセ・マリアは腸炎をわずらう。抗生物質がなかった当時、医師の勧めは「コルドバの山での静養」であった。それを聞いたネリー・オマールは「カトゥンガ(ホセ・マリアのあだ名)、グリセールのこと覚えてる? 彼女が住んでいるのはまさにコルドバのカピージャ・デル・モンテよ」……気持ちを抑えきれなくなったホセ・マリアは家族を置いて、静養の名目でコルドバに行き、道ならぬ恋に落ちてしまう。実はグリセールも、コルドバに戻った後もずっとため息ばかりついていて、母に心配されていたのだった。

 腸炎を直したホセ・マリアはいったんブエノスアイレスに戻るが、再びコルドバに向かう。しかし考えに考え抜いた末、ホセ・マリアは妻アリーナの元に戻った。

 しかしこの頃からホセ・マリアの詞は優れた曲を得て「もう一度会いたい」「わが人生のすべて」「灰色の午後」など大ヒットしていく。

この続きをみるには

この続き: 1,051文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。