見出し画像

[2018.01]ファビオ・ハーゲル 来日直前インタビュー

文●西村秀人

  民音タンゴ・シリーズ〈49〉『ドラマチック・タンゴ 巨匠(マエストロ)の魂』公演のためファビオ・ハーゲルが来日公演を行う。同シリーズ〈43〉『ドラマチック・タンゴ「新時代の旗手」』以来6年ぶりの来日、ファビオ・ハーゲル個人としては1993年(フアン・ダリエンソ楽団メンバーとして)、1997年、1999年、2000年「タンゴ……イ・プント」、2001年「タンゴ・エッセンス」(以上はセステート・スール)、2006年「ブエノス・タンゴス」、2012年「ドラマチック・タンゴ」に続く8回目の来日となる。

 ファビオ・ハーゲルは1969年生まれ。7歳の時から、多くの後進を育てたことでも知られる、アニバル・トロイロ楽団の最後期メンバーでもあった偉大なバンドネオン奏者ドミンゴ・マティオに師事する。並行して音楽理論を大ベテランのペドロ・アギラールに学ぶ。この二人に学んだミュージシャンとしてはほぼ最後の世代だろう。

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,287文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)