見出し画像

[2019.03]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第14回 最終列車まで

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

今年(2019年)はアストル・ピアソラ作曲=オラシオ・フェレール作詞の名コンビによる大ヒット曲「ロコへのバラード」(Balada para un loco)が発表されて50年という記念の年にあたる。この「ロコへのバラード」大ヒットの発端となったのは、あるコンクールで2位に入賞したことだった。実はそのコンクールで1位になった別のタンゴがある。

スクリーンショット 2020-07-01 18.33.29

 作詞者はフリオ・カミローニ。1911年イタリア中部のアンコーナ生まれだが、生後3か月でブエノスアイレスに移住、9歳の頃から詩を書き始めたが、タンゴの作詞の最初は1945年(ただし出版も演奏もされなかった)。その後アルフレド・ゴビ楽団のバイオリニスト、アントニオ・ブランコと知り合いになり、1950年「君は私の心の中に」(Estás en mi corazón)、1956年「プレデスティナーダ」(Predestinada)、1957年「最後の女」(La última)を共作、さらにアルフレド・ゴビとも「君の苦悩と私の痛み」(Tu angustia y mi dolor)、「わが手に捧ぐ」(A mis manos)、ワルツ「メンサヘーラ」(Mensajera)を共作。他にもアルトゥーロ・ガルーチと「私には一人の友人がいる」(Tengo un amigo)、「一つの希望がなくなった時」(Cuando muere una esperanza)、エミリオ・バルカルセと「バモス・トロピージャ」(Vamos tropilla)、「白いカンドンベ」(Candombe blanco)などを共作した。いずれも発表当時アルフレド・ゴビ楽団、カルロス・ディ・サルリ楽団、オスバルド・プグリエーセ楽団など最低1種類のレコードは発売された曲だ。一番のヒット曲はアニバル・トロイロ楽団も取りあげた「最後の女」と、独特な雰囲気を持ったミロンガ「わが手に捧ぐ」だと思うが、いずれも大ヒットというところまではいっていないが、一癖ある情感のこもった詞を書く人だ。ヒット曲を書いていた時代から10年ほど経った1969年に「最終列車まで」が受賞したことは本人も思いがけなかったのではないだろうか。

アルフレド・ゴビ楽団 「わが手に捧ぐ」

アルフレド・ゴビ楽団 「わが手に捧ぐ」(1957年)

 びっくりしたのは作曲者も同じだったかもしれない。「最終列車まで」の作曲者は「心にバッハを持ったバンドネオン奏者」とも言われたフリオ・アウマーダ。1916年ロサリオ生まれで、20歳でブエノスアイレスに上京、最初に住んだのがタンゴ史伝説のマンション「ペンシオン・ラ・アレグリーア」で、エンリケ・フランチーニ、アルマンド・ポンティエル、エクトル・スタンポーニらと親交を深め、さまざまな楽団で研鑽を積み、1950年代にはエンリケ・フランチーニ楽団、ロス・アストロス・デル・タンゴなどで活躍、1960年代には旧友ミゲル・ボナーノと共同主宰のアウマーダ=ボナーノ楽団、ロス・クアトロ・パラ・エル・タンゴ、コントラバスのアムレット・グレコとのデュオなどでも活躍するが、決して自分がリーダーとなることはなく、その後はタンゲリーア「エル・ビエホ・アルマセン」のカルロス・フィガリ楽団で活躍、1974年にタンゴオールスターズ、1976年にレオポルド・フェデリコ楽団で来日、1980年からはブエノスアイレス市立タンゴ楽団でも活躍するも、1984年3月4日に死去、死の前年に録音した自己名義最初のアルバムは、死後日本でのみ発売された。

この続きをみるには

この続き: 1,276文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年3月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年3月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。