見出し画像

[2019.08]【連載 TÚ SOLO TÚ #231】マーク・アンソニーの新譜『OPUS』に注目!

文●岡本郁生

 マーク・アンソニーの最新アルバムが素敵だ。『3.0』以来6年ぶりとなる『オパス』。オープニングの「パレセン・ビエルネス」からラストの「レコノスコ」まで全10曲、まさにこれぞマーク・アンソニー! マークそのものであり、マーク以外のなにものでもない。彼ならではの世界が存分に展開され、美しく、しなやかで、しっかりと地に足がついた素晴らしい作品に仕上がっている。その世界観は、1993年のデビュー・アルバム『オトラ・ノタ』から寸分も変わっていない。サルサ界ではほぼ無名の新人だった当時から、スーパースターとなった現在に至るまで、揺るぎなく一貫した姿勢。その根底にあるのは〝ニューヨリカンの誇り〟であろう。

OPUSモノクロ

『OPUS』(2019年)

 68年9月16日にニューヨークで生まれたマーク・アンソニー。メキシコの人気歌手にちなんでマルコ・アントニオ・ムニスという本名を持つ彼は、10代後半になると、当時ニューヨークで盛んになっていたラテン・フリースタイルと呼ばれるクラブ・ミュージックの世界に飛び込み、その有名歌手との混同を避けるためマーク・アンソニーと名乗り始めた。ラテン・ラスカルズなどのバック・コーラスをつとめると同時にコンポーザーとしてサファイアらに楽曲を提供、やがて、DJ/プロデューサーのトッド・テリーと組んでスマッシュ・ヒットを飛ばし、91年にはマスターズ・アット・ワークの〝リトル〟ルイ・ベガとともにアルバム『ホエン・ザ・ナイト・イズ・オーヴァー』をリリースする。そんな中で92年、マジソン・スクエア・ガーデンで行われたティト・プエンテのアルバム100枚発表記念コンサートにゲスト・ヴォーカリストとして登場。それがきっかけとなって翌93年に『オトラ・ノタ』でサルサ・デビューを果たし、新世代のスターとして大きな注目を集めることになるのである。

 実際、マーク・アンソニーの登場にはとてつもなく大きな意味があった。彼はまさにニューヨーク・サルサを救った救世主といっても過言ではない。もしあのとき彼が現れていなかったなら、その後のラテン音楽シーンはまったく違ったものになっていたはずである。

この続きをみるには

この続き: 2,373文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年8月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年8月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。